月別 アーカイブ

HOME > Visse's Blog

Visse's Blog

横浜市の犬のしつけレッスン/断尾は必要?

319451_329623863796135_1608155006_n[1][1].jpg
2013年~3月16日の投稿から~
 
今朝、いつも散歩に行く臨海公園で会ったコーギーです。本来であれば、こんな立派な尻尾がついています。動物愛護精神の意識が高い欧州では、断尾・断耳を禁止する法律が北欧を中心に広がり、現在では以下の国々が断尾を禁止しているそうです。
 
ノルウェー、スイス、ドイツ、スウェーデン、ルクセンブルグ、デンマーク、フィンランド、オランダ、オーストリア、ベルギー。
 
日本にも「動物の愛護及び管理に関する法律」いわゆる「動管法」というものがあり、この中に基本原則として、
 
「第二条 動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない」と書かれてあります。
 
この文面を見る限り、断耳や断尾などの行為は、十分この法律に反しているのではないでしょうか。いつの日か日本でも、断耳や断尾が法律で禁止される時代が来ることを願ってやみません。
 

横浜市の犬のしつけレッスン/お散歩レッスン~今日のわん子達

12月2日(日)クラスのわん子達です。画像左から:カイくん。ホクくん。ネロくん。百花ちゃん。
IMG_3007.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/お散歩レッスン~今日のわん子達

12月1日(土)クラスのわん子達です。画像左から:むぎくん。シュリくん。ケヴィンくん。
IMG_2963.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/南区 マルプー ここちゃん てんちゃん

今日のお散歩レッスンは、山下公園に来ました。後ろに見えるのは、ダイヤモンドプリンセス号です。ヴィッセ→元町→山下公園→横浜スタジアム→関内駅まで約5キロのお散歩でした。Kさん、お疲れさまでした!!
IMG_2940.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/港南区 ビション・フリーゼ 百花ちゃん 5ヵ月

新入生の百花ちゃん、5ヵ月です。
IMG_2818.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/お散歩レッスン~今日のわん子達

11月25日(日)クラスのわん子達です。画像左から:小夜くん。ニコくん。シュリくん。全員トイ・プードルの男の子です!
IMG_2900.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/お散歩レッスン~今日のわん子達

11月24日(土)クラスのわん子達です。画像左から:ジャックくん。テオくん。ケビンくん。ラッキーくん。
IMG_2872.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/お散歩レッスン~今日のわん子達

11月23日(金)クラスのわん子達です。画像左から:新入生の百花ちゃん。豆次郎くん。ロンくん。虎徹くん。
IMG_2831.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/お散歩レッスン~今日のわん子達

11月22日(木)クラスのわん子達です。画像左から:快斗くん。ココちゃん。テンちゃん。ペコちゃん。ペコちゃんは、今日で卒業です。Aさん、3クールのレッスンお疲れさまでした!!また公園に遊びに来てください!
IMG_2780.jpg

マウンティングを許すと、犬が飼い主よりも上になる!?

          002 (2).JPG

「マウンティングを許すと、犬が飼い主よりも上になる!?」
 
画像は、大治郎が僕に思いっきりマウンティングをしている姿です。マウンティングは、優位性を示す行為だから許してはいけないと、大抵の訓練士の方やドッグトレーナーたちが唱えているので、飼い主さんもそう思われている方が多いのではないでしょうか?
 
優位性を示す行為というのは間違いではありませんが、犬のマウンティングは「遊び」の一環として行われることがほとんどです。僕が大治郎に背中を向けると、大治郎は「待ってました!」とばかりに、ご覧のようにマウンティングを仕掛けてきます。それを見た妻が同じように背中を向けても、大治郎は妻には絶対にマウンティングをしません。多分、大治郎にとって妻は遊び相手ではないのか、恐れているのかのどちらかでしょう。
 
一応、ヴィッセでは、お散歩で他の犬とあいさつをさせた時にマウンティングをしたら、やめさせて下さいと教えています。なぜかと言えば、自分の犬が他の犬にマウンティングされることを、不快に思われる飼い主の方がいるからです。しかし、ロングリードに付け替えて、僕の生徒さん同士で犬達を遊ばせたときに、マウンティングをしてもその時は放っておいて下さいと教えています。なぜなら犬同士で遊ぶときは、犬が犬から学ぶ大切な時間だからです。
 
15年ほど前、あるしつけ教室のパピーパーティに見学に行ったとき、マウンティングした子をトレーナーが思いっきり叱っていました。理由はマウンティングを許すと、攻撃性が育つからということでしたが、このトレーナーは犬同士で学ぶチャンスをつぶしてしまったと言えるでしょう。なぜなら、マウンティングをされた子がもし嫌だったら、自分でしっかりと「拒否」することが大事なのです。そして、可愛そうなことにその叱られた子犬は、トレーナーのあまりの剣幕に、椅子の下に隠れて怯えていました。

 

以上、マウンティングについて書かせて頂きましたが、決してマウンティングを推奨しているわけではありませんので。また、タイトルのようなことはありえないので安心して下さい。

※両手で僕の腰をしっかりと抱え、一生懸命マウンティングをしている大ちゃんが可愛い! ☜ 親バカ


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ