HOME > コラム > しつけと訓練の違い

コラム

しつけと訓練の違い

DSC_0262.JPG
いまだに犬のしつけと言えば、「スワレ」や「マテ」など、
犬に何かをさせることだと思われています。しかし、これらの事をいくら教えても、
日常生活でまったく問題を起こさない犬に育つ訳ではありません。


以前、以下のようなお問い合わせがありました。


『ボーダーコリーのオリバーは、生後6ヶ月の時、1年間警察犬訓練所に通い、

基本的なしつけを受けました。スワレ、フセ、マテ、コイ、ツケ等の命令にも

きちんと従い、この点では特に問題を感じていません。


朝・夕のお散歩は自転車に併走する形で、5㎞程走っていますが、しっかりと

横について、人や他の犬とすれ違ったりしても吠えることはありません。

 

ところが、以下の点については、どのようにしても言うことを聞かず、

深刻な問題だと思い、妻から何とかしてほしいと言われ困っています。』

問題行動 ①
『電話が鳴った途端、および玄関のピンポンがなった途端、ワンワンワンワンと
吠え続けて

部屋中を走り回ります。受話器を持って別の部屋に行かないと、うるさくて通話ができないほどです。』


問題行動 ②
『独立した娘たちや知人が家に来ると、うれしさのあまり飛びついて仕方がありません。

非常にジャンプ力があるので 危なくて放置できないため、ケージに入れると出せとばかりに、

ワンワンワンワンと吠え続けて困っています。


以上の2点について、是非矯正したくご相談したい次第です。よろしくお願いします。』


飼い主の方は、警察犬訓練所のしつけ教室に行かれたのですが、警察犬訓練所における基本的なしつけとは、

スワレ、フセ、マテ、コイ、ツイテの5つの動作を教えることです。

そして、この「犬のしつけ」とも思われている、これらの動作を教えることを「服従訓練」と呼んでいます。


そもそも、この服従訓練の目的とは、人間の仕事を手伝う使役犬になるためのものです。

訓練の時間は限られているので、常に緊張感と集中力が求められます。

指示の出し方も「座れ!」「待て!」と厳しく言わなければなりません。
 

しかし、人間の仕事を手伝わない無職の家庭犬との暮らしに、緊張感も集中力も必要ありません。

家庭犬のしつけとは、むやみに吠えないとか、拾い食いをしないとか、他の犬と上手に挨拶ができるとか、

日常生活でのやっても良いことや、やってはいけないことなどのルールを教えてあげることです。


問題行動 ① は、「吠えないしつけ」そして、問題行動 ② は、「我慢のしつけ」になります。
私は、この2つのしつけを一番重要に考えています。

使役犬として、指示された命令に忠実に従わせる家畜化が目的の訓練と、

家庭犬として、共に暮らすための家族化としてのしつけは、まったく別なものなのです。

 

日本でもひと昔と比べると、しつけ教室の数はずいぶん増えました。

しかし、多くのしつけ教室で教えている内容は、おやつを使うとか使わないなどの形の違いこそあれ、

前述した服従訓練が基盤となっています。

 

もし、あなたが愛犬と競技会やアジリティーを目指すのであれば、訓練が必要になります。

しかし、そうでなければ、無職の家庭犬にしつけは必要ですが、訓練は必要ないのです。
 

このページのトップへ