HOME > コラム > 間違ったしつけ方

コラム

間違ったしつけ方

DSC_0234.jpg
犬が吠えた時や何か良くない行動をした時に、
 
・甘噛みをしたら口に中に手を入れて叱る
・マズルをつかんで叱る
・仰向けにして叱る
・犬が吠えたら音の出るものを投げて驚かす(訓練所ではバケツでした)
・リードを強く引っ張り、首にショックを与える

などがありますが、これらの対処法は、犬が庭に鎖でつながれ、
「家畜」として飼われていた時のしつけの方法です。


よくテレビや映画の中に登場する犬たちは、飼い主にとても忠実で
擬人化されて描かれています。そんなイメージが強いせいか、多くの方が
「犬は人間のようにものを考えることができる」と思い、「ダメ!」
「イケナイ!」と叱って、犬に反省を求めるしつけを行ってしまいます。


しかし、「何が悪かったのか?」の理由づけと、反省ができない犬をいくら叱っても

一時的にやめるだけで、犬は悪い行動をどう改めればよいかはわかりません。

したがって、同じことに対していつまでも叱り続ける結果にしかならないのです。
まして、叱って犬がお利口になるくらいなら誰も苦労はしません。

また、しつけの本やDVD、テレビや人から聞いた情報などで犬を動かそうとしても、

なかなかあなたの望み通りには動いてくれません。

なぜならそれらの情報は、あなたのワンちゃん専用に向けられたものではないからです。

さらに、飼い主の性格や、各家庭の犬に与える生活環境もそれぞれ異なるので、

よその家で上手く行った方法が、自分の犬にもうまく行くとは限らないのです。

インスタントにしつけようとする「家畜化」としてのしつけと違い、

家族の一員として育てる「家族化」のしつけに近道はありません
 

犬のしつけとは、して欲しくないこと=間違いを叱るのではなく、

ただひたすら、して欲しいこと=正解を教え続けることなのです。

そうして育てられた犬は、飼い主の望むこと、望まないことを、きちんと理解できるようになるのです。

従来のしつけ~主従関係を築くことが前提~
・ご飯は人間が先で犬は後
・玄関を出る時は人が先に出る
・散歩は決まった時間に行かない
・散歩は飼い主の都合で行けばよい
・犬を飼い主より先に歩かせない
・犬をソファーに乗せない
・オモチャで引っ張りっこをして負けてはいけない

>↑の事を守らないと犬がリーダーになるそうですが、いくら上記の事を実践しても主従関係は築けません。 
 なぜなら、あなたが主人(上司)としてふさわしいかどうかは、犬(部下)が決める事だからです。
 

教え方の特徴~罰を与えるしつけ方が中心~
・甘噛みをしたら口の中に手を入れる
・何かいけないことをしたら仰向けにして叱る
・犬がリードを引っ張ったら、リードを強く引いて首にショックを与える
・マズルをつかんで叱る
・無視する(消去と言います)


 >犬が鎖で庭につながれ残飯を食べていた時の、家畜として飼われていた時のしつけ方です。
 犬と暮らすようになった現在、家族の一員と考えている方にはお薦めできません。
 

その他、間違った情報
・甘噛みを許していると本気咬みになる
・出かける時は声をかけずにさりげなく出て行く
・マウンティングを許すと犬が上になる


このページのトップへ