訓練ではなく 共に暮らすためのしつけを

現在の家庭犬のしつけの多くは、訓練士の方やドッグトレーナーによって、オヤツを使う使わないなど、
形や技術的な違いこそありますが、どちらも犬に何かをさせる「訓練」が基盤となっています。
 
訓練は「服従訓練」と呼ばれ、命令に忠実に従わせ主従関係を築くことが最大の特徴です。
しかし、服従訓練とは使役犬として、人間の仕事を手伝わせるための「家畜化としての訓練」を目的としたもので、
家族の一員として、共に暮らすための「家族化としてのしつけ」を教えるものではありません。
 
ヴィッセでは訓練は行いません。なぜなら、人間の仕事を手伝わない無職の家庭犬には、主従関係も訓練も
必要がない考えているからです。「マズルをつかんで叱る」「チョーク首輪で首を絞める」などの
体罰は与えませんし、犬が吠えた時に「音の出る缶を投げる」という馬鹿げたことも一切行いません。
 
ヴィッセが考える理想のしつけとは、いちいち命令して従わせるのではなく、
犬がその場の空気を読み、自発的に行動できるように習慣づけることです。

 

しつけとは、訓練ではなく「習慣」なのです。
 
ヴィッセのレッスンは、他のしつけ教室にはない考え方、今までにない全く新しい形のレッスンです。
そのレッスンとは、日常生活で3つのことを行うだけです。

 

すべての犬は同一ではありません。その子が持つ個性を尊重し、
それぞれの個性に合わせたしつけを行うこと。それがヴィッセの理念です。

 

 


 
子犬のしつけレッスン 料金&コース 問題行動矯正レッスン 料金&コース
 
よくある質問 お客様の声 アクセス ペットホテル

『Visse's Blog』全ての記事を見る 『お客様の声』全ての記事を見る


このページのトップへ