訓練ではなく 共に暮らすためのしつけを


現在の家庭犬のしつけの多くは、訓練士の方やドッグトレーナーによって、形や技術的な違いこそありますが、
その多くは、警察犬や災害救助など、人間の仕事を手伝わせるための「訓練」がベースとなっています.

訓練には厳しい主従関係が求められ、「命令して従わせる」ことが一番の目的です。

しかし、人間の仕事を手伝わない無職の家庭犬には、訓練も主従関係も必要ありません。

いまだに家庭犬のしつけと言えば、「スワレや」「マテ」などを教えることだと思われていますが、
文化も習慣もコミュニケーションの手段も違う人と犬が「共に暮らす」時代になった今、
現在の家庭犬のしつけにおいて大切なことは、犬をしつけようとする前に飼い主が学ぶことです。

ヴィッセでは、しつけと訓練は違うという考えのもと、犬の「行動」に目を向けた訓練法ではなく、

犬の「心」に目を向けた「共に暮らす為のしつけ」をおこなっています。

ヴィッセのレッスンは、訓練でもトレーニングでもない、他のしつけ教室や訓練所にはない考え方、
まったく新しい形のレッスンです。そのレッスンとは、日常生活で3つのことを行なうだけ・・・

 



動画でみるヴィッセのレッスン
 
子犬のしつけレッスン 料金&コース 問題行動矯正レッスン 料金&コース
 
よくある質問 お客様の声 アクセス ペットホテル

『Visse's Blog』全ての記事を見る 『お客様の声』全ての記事を見る


このページのトップへ