HOME > 問題行動矯正レッスン

問題行動矯正レッスン

お散歩で他の犬に吠えかかる、家でチャイムや物音に吠えて止められない。
飼い主を本気で咬む、咥えた物を取ろうとすると咬んでくるなど、
愛犬の問題行動を考えた時、
今の生活環境や状況が
どんなに困難であっても、そして、犬の年齢も諦めることの理由にはなりません。                                     

問題行動の矯正とは、犬だけをしつけ直すのではなく、もう一度始めに戻って、
お互いにやり直すことだと思って下さい。なぜなら、犬だけが問題で犬だけが悪い訳ではないからです。

そして、飼い主が学ぶということにおいて、遅すぎるということは、決してありません。

 
問題行動の改善で大切なことは、その問題のみに目を向けるのではなく
問題を引き起こしている犬と向き合い、犬との暮らしの全体を見つめ直すこと
なのです。

検索エンジンの対策上、「問題行動」という言葉を使っていますが、
できれば、「苦手克服レッスン」にしたいと思っています。何故なら、私たちにも苦手なものがあるように、
犬たちにも苦手なものがあるだけで、その苦手なことが問題だとは、私は思っていません。

犬は好き好んで問題を起こしている訳ではありません。問題行動で一番つらいのは犬自身なのです。
問題行動は、愛犬に適切な環境と学習を与えれば必ず改善します。
絶対見捨てることはありませんので、
もう遅いと諦めないでご相談下さい。

>>> コラム 問題行動の矯正法について


レッスン開始までの流れ

flow_01.jpg

電話または、メールにてお問い合わせ下さい。メールでお問い合わせの方は、
電話でお話しをさせて頂いた後、カウンセリングの日時を決めます。
flow_02.jpg

カウンセリング当日は、ワンちゃんと一緒にご来店下さい。

問題行動の種類や程度、飼い主様の生活環境を考慮し、レッスン方法を決定します。
flow_03.jpgカウンセリング後、レッスンの日時を決めレッスン開始!

 


レギュラ―レッスン

料  金     ・基礎レッスン  1クール  5回  39,000円(税別)※基礎レッスンは、2クール10で終了になります。
       ・追加レッスン  1クール  4回  30,000円(税別)2クールの基礎レッスンを終了した方のみ
                    ・カウンセリング         60分 5,000円(税別)レッスンにお申し込みの場合、代金は頂きません。
 
対  象     ・家の中やお散歩中の無駄吠え、他の犬や人に攻撃的、飼い主を咬む等のワンちゃん
       ・ヴィッセのしつけに対する考え方を理解できる方 
               ・他のしつけ教室で改善しなかった方、断られた方

定  員     ・1日 4頭

~1日のレッスンの流れ~

・10:00~10:30 1組目の飼い主様&ワンちゃんと一緒にレッスン
・10:30~11:00 2組目の飼い主様&ワンちゃんと一緒にレッスン
・11:00~11:30 3組目の飼い主様&ワンちゃんと一緒にレッスン
・11:30~12:00 4組目の飼い主様&ワンちゃんと一緒にレッスン
・12:00~16:00 ワンちゃんの基礎レッスン 
 ※1頭20分×3回=60分のレッスンになります。  
・16:00~17:30 お迎え~全員でお散歩レッスン
・17:30                レッスン終了


※各組30分のレッスン後、ワンちゃんをお預かりしてレッスンを行います。
※ワンちゃんの基礎レッスンは、1対1の個人レッスンで行います。
※夏季のお散歩レッスンは、16:30~ 公園まで車での移動になります。

※問題行動の種類やワンちゃんの性質によっては、お預かりをしてレッスンを行えないことがあります。

出張レッスン

料 金   ・初   回    2時間   20,000円(税別)+交通費  ・2回目以降 90分   15,000円(税別)+交通費
                   
回 数   ・1回~ご希望の回数 ※問題行動の内容によっては、出張でレッスンを行えない場合があります。

 

対 象   ・家の中やお散歩中の無駄吠え、他の犬や人に攻撃的、飼い主を咬む等のワンちゃん
                 ・横浜市にお住まいの方  横浜市以外にお住まいの方は、「日本全国出張レッスン」のページへ

問題行動が起きる要因~家庭犬は散歩が仕事~

犬にとって、飼い主との散歩遊びは生活のすべてです。 
挑戦すること、協力すること、そして、元気に走り回ること・・・犬の一生は、毎日が夏休みです。
ヴィッセが考える「共に暮らすためのしつけ」とは、毎日のお散歩が土台として成り立っています。
 
犬は、チワワもシェパードも狼に似た野性の本能を受け継いでいます。
その本能とは、家の中で生きていくものではなく、外の世界で生き抜こうとする本能です。
匂いを嗅ぐ、探索する、他の犬や人に会うなど散歩は犬にとって最大の学習の時間です。
 
近年、散歩運動不足による、犬の知力社会性の低下が、無駄吠えや他の犬や人を怖がる、
または飼い主に攻撃的などの問題行動へとつながり、その数は年々増えていく一方です。
とくにこれらの問題は、散歩の時間が少なく、毎日長時間の留守番をしている小型犬に多く見られます。
 
「小型犬は毎日散歩に行かなくてもいい」ということなど決してありません。
なぜなら、犬には体の大きさに関係なく、犬の持つ自然な本能としての行動欲求があるからです。
その欲求が満たされないとストレスが溜まり、エネルギーのはけ口をどこかに向けようとします。
そして、その鬱積したエネルギーが、無駄吠えや飼い主を噛むなどの問題行動となって表れるのです。
 
愛犬から信頼されるリーダーと認められるには、
 ① 散歩   ② しつけ ③ 愛情の3つを順番通りに与えて下さい。
 
なぜ順番が大事かというと、これらは、犬が生まれながらに持つ行動欲求の自然な順番だからです。
犬が問題を起こす場合、飼い主からこの3つのうちの一部しか与えられていなかったり、
順番が違っていることがほとんどなのです。※シーザー・ミラン「あなたの犬は幸せですか」より抜粋
 

散歩は、愛犬の心と体を健全に育み、飼い主と信頼関係を築く基礎作りです。
散歩は、犬が犬としての喜びを感じる、1日で一番大切な時間なのです。
犬のしつけとは、毎日朝・夕のお散歩が土台としてあって初めて成り立つものなのです。

>>> コラム あなたの犬は幸せですか


【注意事項】

■ヴィッセのレッスンは、従来の「罰を与えるだけのしつけ」や、犬に何かをさせることを前提とした 「訓練・トレーニング」とは、考え方が根本的に違うと同時に一切行いません。ヴィッセのレッスンの考え方をご理解頂けない場合、お互いに信頼関係を築いてレッスンを行えないと判断した場合は、レッスンを終了させて頂きます。その際、残りの受講料は全額ご返金致します。

■飼い主の方の生活環境によっては、レッスンをお引き受けできない場合があります。

 

>>> よくある質問について

>>> 問題行動の矯正法について
 


このページのトップへ