HOME > コラム > 子犬のしつけについて

コラム

子犬のしつけについて

1010.jpg

 

一般的に問題行動と言われている、「吠える」「齧る」 「唸る」「甘噛み」

「飛びつく」「拾い食い」「リードを引っ張る」「トイレをどこでもする」

「くわえたものを離さない」などの行動は、

 

犬が犬としての遺伝情報に基づき、本能的に行動しているだけで、

問題行動でもなんでもありません。


人間の元に来たばかりの子犬には、問題行動というものは基本的には

ありません。先に述べた行動は子犬であれば当たり前のように行います。

そんな子犬に、トイレを失敗したら「鼻先を床に押し付ける」

甘噛みをしたら「口の中に手を入れて叱る」「マズルをつかんで叱る」など、

いまだに虐待同然の迷信的なしつけが行われています。
 

 

 

相手はまだ何も分からない赤ちゃんです。子犬のうちは褒めることはあっても、

余程のことがない限り叱ることはありません。

 

そして、これらの迷信的なしつけを行うたびに、恐怖心を植え付けるだけで、

その子の持つ良い芽を摘み取っていると思って下さい。

ただ、人間側にとって問題と呼ばれる行動を、顕著に引き継いでいる犬ほどしつけの必要があり、

そのまま放っておくと、悪い行動は確実に発達して行くでしょう。
そうした行動が成犬になっても残ってしまうと、問題行動と呼ばれるようになるわけです。

いまだに犬のしつけと言えば、「スワレ」や「マテ」などを教えることだと思われていますが、

現在における家庭犬のしつけとは、犬が人間社会で暮らしていく上で、弊害となる行動を発達させないこと

犬をしつけようとする前に、飼い主が学ぶことなのです。


このページのトップへ