月別 アーカイブ

HOME > Visse's Blog

Visse's Blog

横浜市の犬のしつけ教室/今日のわん子達。

犬のしつけ教室・出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクールヴィッセの今日のわん子達です。画像左上:カニンヘンダックスフントのカレンちゃん(栄区)画像右上:アメリカンコッカースパニエルのクルーニーくん(中区)画像左下:マルプーのハルくん(港北区)画像右下:ゴールデンレトリーバーのミライちゃん(港南区)
2022.7.29.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/泉区 ポメラニアン るうくん 3ヶ月

犬のしつけ教室・出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクールヴィッセの出張レッスン。今日は、横浜市泉区に出張レッスンで行ってきました。画像は、ポメラニアンのるうくん3ヶ月です。
IMG_1836.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/中区 エキゾチックブリー アマンちゃん 6ヶ月

犬のしつけ教室・出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクールヴィッセの新入生です。エキゾチックブリーのアマンちゃん(中区)6ヶ月です。
IMG_1814.jpg

横浜市の犬のしつけ教室/今日のわん子達。

犬のしつけ教室・出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクールヴィッセの今日のわん子達です。画像左上:カニンヘンダックスフントの福くん(保土ヶ谷区)画像右上:ミニチュアシュナウザーのラビィくん(磯子区)画像左下:ラブラドゥードルのフォカちゃん(青葉区)画像右下:トイプードルのグリィくん(栄区)グリィくんは、今日で卒業です。Sさん、お疲れさまでした!!
2022.724.jpg

横浜市の犬のしつけ教室/今日のわん子達。

犬のしつけ教室・出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクールヴィッセの今日のわん子達です。画像上:ミニチュアシュナウザーのブランくん(川崎市)画像下:シェットランドシープドッグのノアくん(磯子区)夕方の根岸森林公園は、いつも風が吹いていて、木陰もできてとても快適に過ごせます。時間と共に涼しくなっていくので、つい滞在が長くなってしまいます。2022.7.23.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/栄区 カニンヘンダックスフント カレンちゃん 3ヶ月

犬のしつけ教室・出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクールヴィッセの新入生です。カニンヘンダックスフントのカレンちゃん(栄区)3ヶ月です。
IMG_1577.jpg

横浜市の犬のしつけ教室/今日のわん子達。

犬のしつけ教室・出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクールヴィッセの今日のわん子達です。画像上:カニンヘンダックスフントのカレンちゃん(栄区)画像下:ゴールデンレトリーバーのミライちゃん(港南区)
2022.7.21.jpg

横浜市の犬のしつけレッスン/神奈川区 ゴールデンドゥードゥル ベルちゃん 6ヶ月

犬のしつけ教室・出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクールヴィッセの今日のわん子です。ゴールデンドゥードゥルのベルちゃん(神奈川区)です。
IMG_1568.jpg

横浜市の犬のしつけ教室/今日のわん子達。

犬のしつけ教室・出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクールヴィッセの今日のわん子達です。画像左上:柴犬のこよりちゃん(狛江市)画像右上:ミニチュアシュナウザーのルックくん(港南区)画像左下:ラブラドールレトリーバーのラブちゃん(港南区)画像右下:ラブラドールレトリーバーのルークちゃん(港南区)ラブちゃんとルークちゃんは、姉妹仲良く今日で卒業です。Kさん、Aさんありがとうございました。また公園でお会いしましょう!
2022.7.17.jpg


横浜市の犬のしつけレッスン/しつけとトレーニングの違い。

stockfoto_163502494_XS.jpg最近お客様で、『褒めてしつけるということは、絶対に叱ってはいけないことだと思っていました。』
という方が多いので、今日はこの辺に触れてみたいと思います。


いまだにしつけとトレーニングが混同されています。もし、私が犬に持って来いや、フリスビーなどを教えたくてトレーニングをする場合は、モチベーションを大切するので、たとえ上手くできなくても絶対に叱りません。なぜなら、叱っても上達することはありえませんから。これは、人にテニスを教える時も同じです。


トレーニングをする時は、犬の希求性が大切なのです。出来ないからといって叱ると、モチベーションが下がり、覚えることを拒絶してしまうのです。


しつけとは、犬も人間も「やってもよいこと=好ましい行動」を教えることです。
同時に「やってはいけないこと=好ましくない行動」も教えなければなりません。

犬が好ましくない行動をした時、そして、それが周りに迷惑をかける行為であった時は、それは「して欲しくない」ということを、犬に理解してもらう必要があります。


犬にとってどのような行動をしてはイケないのか、きちんと感情が伝わるように叱るのであれば、叱っても構いません。なぜなら、犬はその感情をちゃんと読み取ってくれるからです。犬は、あなたが本気で叱っているかどうかはすぐわかります。私はこの部分を一番大切に考えています。


ある哺乳類動物の研究でも、親にきちんと叱られることに愛情を感じ、
叱ってくれる親にすがろうとすることが認められています。


どちらにしても善悪の概念がない犬を叱っても、犬にとっては理不尽な事ばかりだと私は思っています。そして、あなたが些細なことで短気を起こして愛犬を叱ったとしても、私はそれでいいとも思います。


なぜならあなたの愛犬は「家族の一員」なのですから。家族であれば、些細なことで親子げんかも兄弟げんかもするでしょう。でも、それが家族なのです。しかし、それでもあなたの犬は、どんなに叱られても正解を教えてもらえなくても、あなたに変わることのない永遠の愛情を向けてくれるのです。

 

最後に私の師匠である、盲導犬訓練士 多和田 悟氏から教わった言葉を紹介します。


Noは教えなければならないが、Noで何かを教えることはできない。


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ