月別 アーカイブ

HOME > Visse's Blog > エッセイ > 横浜市の犬のしつけレッスン/犬の学習の仕方~ヴィッセのテキストから~

Visse's Blog

< 横浜市の犬のしつけレッスン/お散歩の意味~ヴィッセのテキストから~  |  一覧へ戻る  |  横浜市の犬のしつけ教室/今日のわん子達 >

横浜市の犬のしつけレッスン/犬の学習の仕方~ヴィッセのテキストから~

犬が良くも悪くも色々な行動を学習するのは、
私たち人間の反応によって、行動が強化されるからです。

犬は、自分の利益になることはすぐに学習すると同時に、
飼い主が喜ぶことは自分も嬉しくなり、何度でも繰り返したくなります。
 
例えば首輪やリードを付ける時に、「待って、待って!落ち着いて、ほら動かないで!!」と、
飼い主が話しかけすぎると、犬は飼い主が喜んでいると思い、余計に興奮するようになります。
 
飼い主が喜んでいることに気づいた犬は、飼い主を喜ばせるには
「じっとしていないことが良いことだ」ということを学んでいるのです。

犬に大人しく首輪やリードを付けさせるには、話しかけすぎないことです。
しかし、これは女性にとって難しいことのようです。犬にリードを付ける度に
飼い主が話しかけすぎるのは、犬の方が飼い主を訓練したとも言えるでしょう。
 
このように飼い主の知らないところで、お互いを訓練し合っているのです。
しかし、どちらかと言えば、飼い主が犬に訓練されていることの方が多いようです。
分かりやすい例として「飛びつき」があります。

犬が飛びついた時に、飼い主がなだめるように叱ると、犬にとって飼い主の言葉が「ご褒美」となり、
犬は飼い主が喜んでいると思い、余計に飛びつくようになってしまいます。
犬の飛びつきが直らないのは、飼い主が毅然と拒否していないからなのです。

こうして飼い主は叱っているつもりでも、犬にとっては「ご褒美」となっていることは
様々な場面で見受けられます。犬は、物事を「利益=快」「不利益=不快」で判断します。

自分に都合が良いことはすぐに学習しますし、逆に飼い主にとって都合が悪いことは、
なかなか覚えてくれません。飼い主の方は、自分の与えている言動が犬にとって
「ご褒美」となっていないかを、常に意識するようにしましょう。

カテゴリ:

< 横浜市の犬のしつけレッスン/お散歩の意味~ヴィッセのテキストから~  |  一覧へ戻る  |  横浜市の犬のしつけ教室/今日のわん子達 >

同じカテゴリの記事

横浜市の犬のしつけレッスン/お散歩の意味~ヴィッセのテキストから~

犬は、どんな時に幸せを感じるのでしょうか?
みなさんは「犬の生きがいって何だろう?」と考えたことはありますか?

犬は「好奇心」のかたまりです。その好奇心の先にあるものは「達成感」です。
そして、狩猟動物である犬の好奇心は、「探索する」「追いかける」「破壊する」
という行動によって満たされます。

ボールを追いかけるのは、獲物を追いかける本能であり、ぬいぐるみの綿を取り出して
破壊するのは、仕留めた動物の内臓を引っ張り出す本能です。

警察犬や災害救助犬、麻薬探知犬たちが生き生きとして仕事をするのも、
探索行動」の探し当てた時の達成感から得られる自分自身の喜びと、
同時に飼い主の喜ぶ姿が犬にとっても幸せだからです。

僕が小学生の頃、友達と探検ごっこをして硬式野球のボールを見つけた時の
興奮は今でも忘れることができません。人も犬も何かを達成することで、
喜びを得られるように神様がインプットしています。

では、使役犬と違い仕事を持たない無職の家庭犬にとって、幸せとは何でしょうか?
それは、大好きな飼い主とのお散歩です。犬にとって大好きな飼い主と共に行動する
散歩の時間は、1日のうちで最も楽しい時間なのです。

散歩に行くことで外の世界と繋がり、五感が刺激され心と体を育むことができるのです。
毎日お散歩に行く犬の表情は、生き生きとしています。逆に散歩をしない子は、
外での刺激が不足し、神経質で臆病な子に育ちやすくなります。

とくに、長時間のお留守番をさせられて散歩が不足している犬の精神状態は、ストレスと不安を抱え
イライラしています。それが、無駄吠えや分離不安、噛みつきという行動に現れるのです。
問題行動の多くは、長時間のお留守番と散歩不足によるストレスなのです

私の生徒さんでペットショップの店員さんや獣医さんに、
「お散歩は毎日行かなくても、飼い主の都合で行けば大丈夫ですよ」と言われた方が
何十人もいます。言われた方のほとんどが、小型犬の飼い主の方々ですが、

これは多分、犬を「家畜」として「飼う」ことを前提に言われているのか、
「お散歩」と「運動」の違いを理解できていないかのどちらかだと思います。

家畜ということであれば、お散歩は飼い主の都合で行きたい時に行こうが、
ケージに閉じ込めて、お留守番を長時間させようが理解できます。

しかし、「家族」として「共に暮らす」のであれば、豊かな生活環境を与え、
愛犬の心と体を健全に育むことが飼い主としての義務であり、責任ではないでしょうか?
その一番の義務と責任がお散歩だと私は思っています。

散歩は、愛犬の心と体を健全に育み、飼い主と信頼関係を築く基礎作りです。
散歩は、犬が犬としての喜びを感じる、1日で一番大切な時間なのです。


ヴィッセが考える犬のしつけとは、毎日のお散歩が土台としてあって成り立つと考えています。
 
【犬の行動欲求~狩猟動物としての本能を満たす~】
 匂いを嗅ぐ、走る、追いかける、引っ張りっこ、破壊するetc. ⇒とくに、走らせて疲れさせることが重要。
 
※「疲れている犬は、良い犬だ」 ☜ イギリスの諺


ストレスについて~ヴィッセのテキストから~

ストレスとストレッサー                      

多くの方が「ストレスが多い」「ストレスになる」などという言い方をしていますが、

私たちが使う「ストレス」という言葉は、しばしば「ストレッサー」という言葉と混同して使われています。

●ストレス
なんらかの刺激によって心身に生じるゆがみ

●ストレッサー
ゆがみの原因となる刺激

つまり、ストレスの元となる事象は、厳密には「ストレッサー」ということになり、

それによって生じる心身の不調が「ストレス」なのです。

この世の中にはたくさんのストレッサーがあり、それをすべて避ける手段はありません。

本来、人(犬)の体には、ストレッサーに対する防御機能があり、

心身が参ってしまわないように働きかけを行ってはいますが、以下のように、それが敵わない場合、
 

  • ストレッサーが強すぎる場合
  • ストレスが長く続く場合
  • 体調不良など、ストレッサーに対する防御力が落ちている場合

などは、心身にさまざまな不調が現れることになります。

人のストレスの元と言えば、一番多いのが職場での人間関係でしょう。犬の場合はと言うと、
他人との接触が人ほど多くないので、飼い主との関係性や家族間の関係性がストレスになります。

(主従関係を強要する、夫婦仲が悪い、小さな子供が乱暴に犬を扱うなど。)

また、生活環境が人間に比べてはるかに狭いので、人ほどのストレスは起こりにくいです。

そのストレスの原因となるストレッサーには、以下のように、実にさまざまなものがあります。
※人は5つのストレッサーがあるが、犬は赤字の3つ。

・物理的ストレッサー
 天候、温度、気圧の変化など、「自然」によるもの

・社会的ストレッサー
 仕事、家庭、経済状況の変化、人間関係など、社会環境によるもの

・環境的ストレッサー
 騒音、振動、空気の汚れなど、外部環境によるもの

・身体的ストレッサー
 病気、怪我、疲労、不眠など、体の変化によるもの

・精神的ストレッサー
 怒り、悲しみ、葛藤、緊張、不安、悩み、寂しさなど、気持ちの変化によるもの

また、物理的・環境的・社会的ストレッサーは「外的ストレッサー
身体的・精神的ストレッサーは「内的ストレッサー」と、区分けすることもできます。

人とのつながりや仕事などによるストレッサーだけではなく、暑さや寒さ、気圧の変化など、

些細な不快感や違和感、時には自覚がない外的刺激さえもストレッサーになることがあるのです。
 
犬の場合はというと、過去も未来もなくその一瞬一瞬を生きているので、たとえ嫌なことがあったとしても、

人のように引きずることはありませんし、適切な生活環境で暮らしていれば、ストレスが溜まることはありません。
 
ただ、長時間の留守番や、散歩不足の犬の場合は、ストレスアウトができず過度のストレスがかかると、

無駄吠えや飼い主を咬むなどの問題行動に発展していく場合があります。
 
また、お散歩レッスンでは、公園まで一切道草をさせないので、初めてレッスンを受けられた方から

「犬は匂いを嗅がせて歩かせないと、ストレスが溜まりませんか?」と聞かれたことがありますが、

これがストレスの使い方が間違っている例です。
 
飼い主の方には、公園に着いてから好きなだけ匂いを嗅がせれば、ストレスが溜まることはありませんし、

これを「メリハリ」と言います。と答えています。


生者必滅会者定離

生者必滅会者定離 「しょうじゃひつめつえしゃじょうり」と読みます。

生ある者は必ず死に、出会った者は必ず別れるのがこの世の定めである。 という意味です。

かかりつけの動物病院の先生から、教えて頂いた言葉です。

また、聖書には、

「天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みにはがある。
 生まれるのにがあり、死ぬにもがある。」という節があります。

昨日、16年間一緒に暮らした猫のタロウが亡くなりました。
突然の別れでした。まだ心の整理がつきません。

これまでに、犬の大治郎(享年10才半)、猫のさくら(享年20才)、猫のももこ(享年20才)を
見送ってきましたが、かけがえのない存在との別れは、本当につらいものです。

いつか別れが来ると分かってはいても、ずっと一緒にいたいと思うのは、人間のエゴかも知れませんね。

そんな時に、この二つの言葉を思い出して自分に言い聞かせています。

D2R_4221.JPG

問題行動の主な原因は、経験不足とストレスです~ヴィッセのテキストから~

問題行動の主な原因は、経験不足とストレスです。

まずは、このことをしっかり理解して下さい。
無駄吠えや噛み付き、リードの引っ張りなど、個別の行動への対処は後回しにします。
その前に、
 
1.犬の生活環境を見直し整える。
2.ストレス解消を行う。
3.日常生活で行う3つのことを毎日実践する。


以上のことを理解して下さい。
これらのことは、今後、愛犬の問題行動を改善していくために、必要不可欠なことです。

とくに、1日8時間以上のお留守番をするワンちゃんを、
クレートやケージには、絶対に閉じ込めないで下さい。

ケージなどに長時間閉じ込めると、強いストレスがかかるので、問題行動がある犬には厳禁です。
犬自身が、自分では対処できないことと、何が起こるかわからないことは、ストレスの大きな原因になります。
ずっと閉じ込められていて自分では出られないというのは、人間でも非常に辛い状況です。

できれば、最低でも2畳位のスペースを確保して下さい。
そして、自分の意思で自由に動けるようにします。ただでさえ不安を抱えているところに、
その上、自分では出られない狭い場所に閉じ込められると、不安がますます募ります。

散歩は1日2回、最低40分~60分は連れて行って下さい。できれば、公園でロングリードをつけて
思いきり走らせてあげると最高です。散歩で気をつけることは、犬を好き勝手に歩かせないで下さい。

上記のことが改善されないと、無駄吠えや咬みつき、分離不安などは確実に悪化します。
もし、自分が愛犬と同じ生活環境に置かれたらどう感じるかを常に考えて下さい。
 

横浜市の犬のしつけ教室/問題行動の矯正法について

ヴィッセでは、問題行動の矯正には、行動分析学における「行動療法」または「行動修正法」と呼ばれる技法を使って行っています。行動療法とは、不適切な行動や態度を、適切な行動や態度に変えていく技法のことです。
 
この行動療法の優れている点は、「客観性」と「明瞭性」で、技法自体が科学的で論理的であるので、体罰を与える暴力的なしつけを行うことは決してありません。しかし、行動療法だけですべての問題を解決できるものではないという事、そして、犬の心の奥底まで理解できるものではありません。
 
私も行動分析学を応用してレッスンを行ってはいますが、それ以上に「愛情」や「感情」の方を大切にしています。なぜなら、我々と同じように心を持つ生き物である犬には、机上の論理よりも時として愛情や感情の方が優るからです。
 
ですので、私は行動療法の他に※補完代替療法として「アニマルコミュニケーション」と「アニマルヒーリング」を取り入れています。その理由として、問題行動の矯正は犬の心のリハビリと考えているからです。
 
問題行動で一番つらいのは犬自身なのです。※シーザー・ミランではありませんが、
「犬にはリハビリを」「飼い主には訓練を」が私のモットーです。問題行動は適切な生活環境を与え、
飼い主の方が犬の習性と学習の仕方を正しく理解できれば必ず改善します。
 
※シーザー・ミラン アメリカの有名なカリスマトレーナー。著書に「あなたの犬は幸せですか」がある。
 
※補完代替療法
補完代替療法とは、現代西洋医学以外の各種療法の総称。「相補する、補う」と「療法」を合わせた言葉で、一般的に自然療法や伝統的な医療を含めた様々な療法を指します。犬や猫の補完代替療法としては、ホメオパシーやバッチフラワーなどが代表的なものです。

補完代替療法では、表面に現れている身体的な問題だけではなく、精神的な状態やストレスの度合いなどの生活環境にも配慮し、犬の問題を部分的に捉えるのではなく、全体的(ホリスティック)に捉え、一頭一頭の症状に合わせて行うことが大きな特長です。

このページのトップへ