HOME > Visse's Blog > アーカイブ > 2010年10月アーカイブ

Visse's Blog 2010年10月アーカイブ

@森戸海岸

やっと涼しくなったので、今日は森戸海岸まで行ってきました。


101018_01.jpg 101018_02.jpg 101018_03.jpg 101018_04.JPG

問題行動について①

ヤフー知恵袋で見つけた質問です。あまりにも面白かったので紹介します。

『○歳○か月の♂の小型犬を飼っています。以前から噛む癖と見知らぬ人に吠える癖が酷いので、しつけ教室に預けました。家に帰ってしばらくはおとなしくしていたのですが、3週間くらいたつと全く元に戻ってしまいました。しつけ教室の効果なんてこんなものなのでしょうか? それとも悪徳業者に引っかかってしまったのでしょうか?』

 

訓練所に預けて家に帰ったら、元に戻ったというよく聞く話ですが、訓練所に入れられた犬は、「服従訓練」と呼ばれるものを受けます。この「服従訓練」とは、指示された命令に忠実に従わせることで、犬の「従属性」を引き出し、「主従関係」を築くことを目的としています。

 

訓練以外の時間は犬舎に入れられ、徹底的に生活を管理されています。自由な時間はほとんどありません。訓練の時間が人間と触れ合うことができる唯一の時間で、毎日訓練に明け暮れている訳ですから、当然訓練士の言うことは、よーく聞くようになります。

 

そして、犬が家に帰ると、しばらくは訓練所での生活のリズムが残っているので大人しくしていますが、毎日訓練ずけだった日々から、以前と同じ自由な日々の生活環境で暮らし、さらに、飼い主が何も学んでいなければ、日が経つにつれ元に戻るのは当たり前の話です。まして、相手は生きものなのです。ものを修理するような訳にはいかないのです。

 

 

101004_01.jpg僕も日中、犬を預かってレッスンをするので、「犬を預けると先生のいうことは聞いても、飼い主のいうことは聞かないのではないでしょうか?」という質問はよく受けます。

 

先日、ご夫婦で問題行動のカウンセリングを受けられた奥様から、同じ質問をされたました。すると、傍にいたご主人がすかさず、「もしそうなったら、俺たちが駄目だってことだよ」と、奥様に言ってくれたのです。僕は思わずご主人に拍手をしてしまいました。 

 

しつけ教室は「基礎」を学ぶところです。私たちがどんなに犬をトレーニングしても、飼い主がトレーナーから学んだことを、日常生活という「応用」の場で「実践」できなければどうにもなりません。

 

 

さまざまな問題行動は、犬の生まれつきの性格に加えて、飼い主が「適切な学習」を教えなかったことと、「適切な生活環境」を与えなかった結果として発達したものです。問題行動を治す上で大切なことは、その問題のみに目を向けるのではなく、問題を引き起こしている犬と向き合うと同時に、飼い主自身が今の生活環境を含めて全体を見つめ直すことなのです。

 

101004_02.jpg

問題行動は起こし続けてきた期間が長ければ長いほど、改善が難しくなっていきます。その改善には、犬以上に飼い主の努力が問われます。犬に変化を求めるなら、飼い主もしつけに対する意識を変えなければならないのです。

 

今日は海ほたるに行ってきました。とてもきれいな夕焼けでした。上の写真は、4Fのウッドデッキで撮りました。福岡出身の僕は、この4Fにある博多ラーメンが大好きです。大治郎は9歳半になりましたが、最近顔がどんどん若くなって、子供のような顔をしています。

大ちゃん、長生きしてね!

 

※ちなみに先のご夫婦は、「無駄吠え」の矯正レッスンだったのですが、1クールで解決して卒業しました。


1

« 2010年9月 | メインページ | アーカイブ | 2010年11月 »

このページのトップへ