HOME > お客様の声 > 糸山先生のおかげで、楽しく笑っていられる家庭になったことを感謝しています。

お客様の声

< 先生が「ルークは僕が必ず治します。」と言って下さった時・・・  |  一覧へ戻る  |  「子供を育てるように犬を育てること。訓練ではなく育むこと」を・・・ >

糸山先生のおかげで、楽しく笑っていられる家庭になったことを感謝しています。

横浜市 磯子区

飼い主様名 鈴木様
コース 問題行動矯正レッスン
犬の名前 ヴィラちゃん
ラムちゃん
ショコラちゃん
犬種 ヨークシャー・テリア/トイ・プードル
受講期間 4クール
我が家の愛犬
ヴィラ  ♀ ヨークシャー・テリア  4才10ヶ月
ラム   ♀ トイ・プードル     4才  5ヶ月
ショコラ ♀ トイ・プードル     3才  8ヶ月

達が、糸山先生にお世話になって4年になります。きっかけはヴィラとラムのケンカです。一番下のショコラを家族として迎え入れた2日後にヴィラとラムのケンカ が始まったのです。2頭の目が合えば血を見るケンカ。仕方なく2頭を別の部屋においても、ドア越しにガウガウケンカを始める始末。

一触即発とはまさにこのこと。飼い主の私たちはそのケンカを止めることが出来ず、ヴィラもラムも飼い主も外傷の常連で病院へ行くことが多くなっていました。ケンカが始まってからは様々なしつけの本、問題行動改善の本を買ってきては片っ端から読み、全ての項目を即実行。例えば、ハーフチョークをつけて、ケンカをしそうになったら

  • 投げ飛ばす勢いで引っ張り、強く"NO!"と言う。
  • お酢のスプレーを撒く。
  • 大きな音を出す。
  • 犬の足を知らん顔して振り払う。

など、実に様々なことばかり。しかし、どれもこれも効果がみられないので、犬のしつけのプロにお願いすることにしました。友人の協力もあり、トレーナーさんやハンドらーの方も紹介して洩らしました。


そして、その方たちが言うには、「座れ、伏せ、待てが全ての基本。この子達はちゃんとできるから何の問題も無い。」「犬の順位が問題だから、ヴィラはダイニングテーブルの上、ラムはそれより低いイス、ショコラは床においたりして、物の高さで犬に順位を覚えさせれば良い。」と言われ、実行はしてみたものの、ケンカはますますエスカレートするばかり。

そこで今度は、有名な本の著者である訓練士さんにトレーニングをお願いすることにしました。どの方もたくさんの著書を執筆しており、当時テレビでよくお見かけする方でしたから、絶対良くなると信じてお願いしたところ、すべての訓練士の方に、「ケンカする犬のトレーニングはお断りしてるんだよねぇ。ケンカは犬の資質の問題だからトレーニングをしても治らないよ。その2頭は同じ屋根の下に飼うことは出来ないから、一日も早く引き離しなさい。」と言われました。

私たちはどの犬も手放す気はまったく無く、どんなに大変でも、どんなに時間がかかっても、どんなに遠くのトレーナーさんだろうと、「がんばろうね。」と言ってくださる方がいると信じて探し続けました。やっと一人、引き受けてくださる訓練士さんが見つかって、自宅に来てくださる事になっていた日に偶然ヴィッセの前を通り、"しつけ教室"と言う文字が目に止まりました。

窓越しに見えた男性が、とても穏やかな表情でシェパードと遊んでいました。お店に入り、「しつけ教室と言うのを見たのですが。」と言った私たちに、対応して下さった方が糸山先生でした。

ヴィラとラムのケンカのこと、これまで我流で行ってきた対処の仕方。トレーナーさん、訓練士さんに飼い主に問題が無いからと言われ断られたこと、今日これからトレーナーさんに来てもらうが、不安だと言うことを全てお話しました。

糸山先生はじっくりと私たちの話を聞いてくださり、「確かに犬の資質の問題はあると思うけど、飼い主に問題がないということは無いと思うし、対処ばかりやっていても根本的な解決にはなりませんよ。」と、犬とはどういう生き物なのか。犬との関わり方をじっくり、そして熱心に話してくださいました。

その話は心に染み入る話で主人も涙を流していたほどです。その日、糸山先生は「今日これからいらっしゃる方がいい方だといいですね。」と言って見送ってくださいました。もし今回納得できなかったら、絶対に糸山先生にお願いしよう。糸山先生の下なら治ると思う位、私たちに改善の余地がありました。

その日に来られた訓練士さんは、とても威圧感がある方で、いきなり威嚇しながらヴィラとラムの首根っこをつかみ、「俺の前でやれるもんならやってみろ!!」と一喝。その言葉に大興奮したヴィラとラムがケンカを始めたのを見て、私に「湯船に水を張って!こいつらを投げ落とすから!!」と怒鳴るのです。

「そんなことをして良くなるのですか!?」と聞いてみたところ、「この家と、飼い主を見て問題は何も無い。完全に犬の問題。それに3頭は全部メスで、年齢も近いから力関係が決まらないんだよ。だから、ラムを実家とか親戚に預かってもらって、5~6年経って年をとれば和解するかもしれないから、そのときに3頭で暮らせばいいよ。」と今まで嫌と言うほど聞いた話が始まりました。

「もし、どうしても3頭を置いておきたいなら、ヴィラとラムの順位が決まるまで、ケンカさせてもいいよ。同等の力だから死ぬことはまず無いよ。その代わり耳の1つや目の1つ、足の一本が無くなることは覚悟しておくように。」と、私たちが望まない提案があり、その時点でお帰りいただきました。まったく言葉になりませんでした。

翌日、糸山先生にトレーニングをお願いし、週末にヴィラとラムを連れてお店に伺いました。糸山先生は、臭いを嗅ぎまわっているヴィラとラムを見て「リードを離して自由にしてください。少ししたらヴィラと呼んでください。」と主人に伝えると、じっと犬を見つめておられました。主人が「ヴィラ!」と呼んでもヴィラは振り返ることもなく、店内を嗅ぎまわっているだけ。「次はラムと呼んでください。」しかし、ラムもヴィラ同様、呼んでも振り返りません。

糸山先生はこの様子を見て「飼い主が呼んでも振り向きもしないんだから、関係としては終わってますよね。完全に飼い主の問題です。これは治ります。ただ、愛情の奪い合いをしているだけです。」と言ってくださったのです。

こんなに救われたと思った瞬間はない位、嬉しかった事を今でもはっきりと覚えています。この日から週に1回、通いのトレーニングが始まり、先生に自宅に来ていただいてのトレーニングまで約半年で終了しました。その頃には、あんなに激しかったケンカはごくごくたまにある位まで減り、3頭そろってお散歩や遊びに行けるまでになりました。

しかし、嬉しさと安心で気が抜けた時、またケンカが始まってしまいました。ヴィラがラムの眼球を噛んでしまい、失明するかもと言う大変な状態。2日間にわたる手術の結果、失明は逃れましたが、心の傷はとても大きいものでした。

そんなときでもすぐに糸山先生が、「まずヴィラを預かりトレーニングをします。次にラムの回復を見て、ヴィラとラム一緒の預かりトレーニングをしましょう。そして、今回はヴィラとラムに安心感を与えられるようにしましょう。」と言ってくださりました。

その後、2週間に渡る預かりトレーニングが終わり、2頭がそろって自宅に帰って来ると、ヴィラとラムの表情が完全に変わっていました。とても穏やかな安心した目をしています。それ以来、今日までのこの2年間、一回もケンカらしいケンカは起こっていません。

たまに、しつこく付け回して"ガウ!"と始めそうな時もあるのですが「No!待て!」といえばすぐにやめてしまいます。3頭が寄り添って眠ったり、遊んだりしている姿を見るとあの日々が嘘のようです。糸山先生のおかげで、こんなに楽しく笑っていられる家庭になったことを大変感謝しています。

糸山先生、ありがとうございました、今後も末永くお付き合いさせてください。

追伸:あの当時相談したトレーナーさんや、訓練士さんに今のこの子達の姿を見せてあげたいです(笑)


< 先生が「ルークは僕が必ず治します。」と言って下さった時・・・  |  一覧へ戻る  |  「子供を育てるように犬を育てること。訓練ではなく育むこと」を・・・ >

このページのトップへ