HOME > お客様の声 > またしつけに悩んだら基礎に戻ること。この言葉が今でも私の心に響いています。

お客様の声

< 「子供を育てるように犬を育てること。訓練ではなく育むこと」を・・・  |  一覧へ戻る

またしつけに悩んだら基礎に戻ること。この言葉が今でも私の心に響いています。

飼い主様名 遠藤麻里
コース 子犬のしつけレッスン
犬の名前 すず
犬種 柴犬
受講期間 2クール
我が家の柴犬すずが、4ヶ月齢になった頃、ヴィッセのレッスンに通いはじめました。小さくて可愛い我が子犬とのはじめての生活は、どうしてあげたらよいのか?何もかもわからないことだらけの戸惑いの日々でした。
 
そんな中、あちこちと探して見てきたドッグスクールの中で、ヴィッセのしつけに対する考え方に、ひときわ私の感性にピンときて、カウンセリングを申し込みました。そして、カウンセリングで糸山先生のお話を聞いて、私の直感は正しかったと確信し、その日からお世話になることを決め、子犬のしつけレッスンに申し込みました。
 
レッスンを受けて何よりも嬉しかったことは、すずがとても嬉しそうな顔をする様になったこと。それまでは、私自身が一般的なしつけの形にとらわれ過ぎていて、すずの表情を観察したり、お互いに目を合わせることなどせず、一方的にコミュニケーションを取ろうとしていました。
 
大切な家族の一員であるすずとのコミュニケーションは、まず犬と目を合わせること。(いわゆるアイコンタクト)から、という当たり前ですが、とても大切なはじめの一歩をまず教えて頂きました。そして、言葉はなくとも見つめあって、初めてお互いの気持ちが通じた瞬間は、子供がはじめて歩いた日の様に、一生忘れられない瞬間となりました。
 
先生のレッスンでは、主観でガチガチの自分を認識することが出来ました。犬のしつけ以上に、私自身の人生観も見晴らしよく変わった気がします。
 
我が家には、子供が2人おりますが、犬とのコミニュケーションの勉強は、これからの子育てにも、そして、日々の暮らしにも、人との関わりにも通じていて、忘れられない時間となりました。
 
最後のレッスンの日の糸山先生の言葉です。
 
「この先、何かすずとの間に困ったことがあってしつけに悩むときは来たら、いつでも最初(基礎)に戻ればいいんです。すずの目を見てレッスンで学んだことをまたやればいい。そうしたらちゃんと戻れますよ。」
 
先生のこの言葉は、卒業した今でも私の中でいつまでも響いています。短い間でしたが、本当にありがとうございました。
 
遠藤麻里・すず


< 「子供を育てるように犬を育てること。訓練ではなく育むこと」を・・・  |  一覧へ戻る

このページのトップへ