HOME > お客様の声 > 「子供を育てるように犬を育てること。訓練ではなく育むこと」を・・・

お客様の声

< 糸山先生のおかげで、楽しく笑っていられる家庭になったことを感謝しています。  |  一覧へ戻る

「子供を育てるように犬を育てること。訓練ではなく育むこと」を・・・

飼い主様名 吉川様・大平様
コース 問題行動矯正レッスン
犬の名前
犬種 ウエルシュコーギー・ペンブローグ
受講期間 4クール

Visseの門をたたいたのは、拾い食いを直したいと思ったことがきっかけでした。それまでは、このご時勢インターネットで必要な情報は得られるから、自分でしつけは出来ると高をくくっていました。叱るときは、「マズルをつかむ」や「大きな音をたてる」ということも試してみました。


しかし、なかなか拾い食いが直らず、特にタバコへの執着がひどかったので、我々だけでは限界だと思い、糸山先生にお願いすることにしました。


姫は気に入ったものは絶対に離しません。無理やり取り上げようとすると、噛んだり吠えたりすることもありました。私が噛まれることが怖くて、取り上げることが出来ないと話をすると、先生にこう言われました。


「噛まれることを怖がってはだめです。だってこの子は本気では噛まないでしょ?本気で噛まれたらただじゃ済まないんですよ!」「ある程度、覚悟を決めて叱るときは本気で叱らないと。吉川さんの叱り方はまだ優しいから怖くないんです。」

「叱られて吠えるのは、子供が親に「うるせぇ!!くそ婆!!」って言ってるのと同じこと。親に向かってそんなことを言ったら絶対に許さないでしょ?」
私はそうかと思い、この日のレッスンで噛まれる覚悟を決めました。


そうして、おもちゃを咥えたまま離さなかったある日、「Out!」と何とか離させると、姫は不満気に唸りました。そして、私が更に強く「No!」と言うと、今度は吠えて噛み付いて来ました。「今私は「くそ婆」と言われてるんだな。」と、先生の言葉を思い出し負けずに強く叱りました。

その後、しばらく無視していたので、姫はばつが悪そうにしていましたが、「おいで」と優しく呼び寄せると、「ごめんなさい」と言わんばかりの顔で擦り寄ってきました。この時から姫と私の関係が変わり、最近は少し上に見てくれている気がします。


今の姫は私たちといることを嬉しく思ってくれているようで、一緒にいると楽しそうにしています。夜は別の部屋で寝ていますが、毎朝起きると大歓迎してくれます。それを見るとこちらも嬉しくなってしまいます。


糸山先生はよくこう言います。

「子供を育てるように犬を育てるんですよ。訓練じゃなくて"育む"んです」

分かるようで分からなかったことを、糸山先生は気づかせてくれました。Visseはしつけ教室というよりむしろ“育児相談所“のようです。Visseに通って本当に良かったと思っています。


姫は糸山先生が大好きで卒業が名残惜しいですが、根岸公園でまたお会いしたいと思います。


ありがとうございました。



< 糸山先生のおかげで、楽しく笑っていられる家庭になったことを感謝しています。  |  一覧へ戻る

このページのトップへ