HOME > お客様の声 > 変えるべきものは、犬ではなく飼い主の意識と行動です。

お客様の声

< 私達がどのような対応をすればいいかを学ぶことができたことが一番です。  |  一覧へ戻る  |  サクと共に生きていくことの喜びを、日々感じています。 >

変えるべきものは、犬ではなく飼い主の意識と行動です。


飼い主様名 小柴様
コース 問題行動矯正レッスン
犬の名前 あずきちゃん
犬種 柴犬
受講期間 3クール

まず、あずきを我が家に迎えてから、2か月ほど経ったころでした。
 
あずきは怒る。
首輪やリードをつけるときには、嫌がり怒る。
ゴハンの用意をしているときには、待てずに怒る。
 
あずきは場所に執着する。
人がキッチンに入ること、冷蔵庫を開けること、自分のテリトリ(と思い込んでいる場所)に人が入ることが気に入らない。
 
あずきは臆病である。
散歩中、人や犬とすれ違うときに固まる。近づいてこようものなら飛び退く。時には暴れる。病院では震えが止まらない。
 
あずきは噛み犬である。
怒ったとき、気に入らないとき、恐いとき。オシッコを片付けようとしたとき。そばに寄っただけでも…。さっき撫でていたのに…という時も。本気で噛まれると、それはそれは痛い。
 
なぜ噛むの? 何に怒っているの? 何が恐いの? 私は、噛みつかれた痛さとショックと恐怖で、いつもあずきの機嫌をうかがうようになっていた。散歩も憂うつでしかない。リードをつけようとすると噛んでくるから。
 
また噛みつかれる・・・。これでは一緒に生活していけない。どうしよう、誰に相談したらいいの? 何度も心が折れかけた。
 
そして、ネット検索でVisseにたどり着きました。カウンセリングでは、日々のあずきの様子や家族の対応について、じっくり話をした上でアドバイスいただきました。
 
カウンセリングで、糸山先生のお話を聞いて気づいたことがあります。それは、「私はあずきが求めることは何かを考えず、怒らせないように、噛まれないように…それだけで頭がいっぱいだった」ということです。
 
レッスンが始まり、先生のご指導のもと、アイコンタクトから始めました。できたら誉めます。何度でも。ほんの少しずつ、あずきの反応が変化していくのがわかります。
 
噛まれる恐怖はあるものの、「あずきは私の犬なのだ!」という意識を持つことで、以前よりも責任感と自信と愛情が湧いてきました。
 
トイレが上手くできた。そばに来ておすわりした。「待って」「だめ」などの言葉で私を見た。些細なことでも誉めるように心がけました。
 
高いところに乗せて騙し騙しつけていた首輪とリード。今では先に玄関で待ち構えているので、すんなりつけられるようになりました。誉めます。「待ってね」の声かけで、ゴハンも待てます。そして、また誉めます。
 
朝・夕散歩の時間を確保しました。
運動やストレス解消以外にも、待って~おいでの練習をしたり、他の犬や人とふれあう。ここでも何かできたら誉めます。
 
あずきと私にとって、散歩は楽しいものになっていきました。他の犬と遊んだり、飼い主さんに撫でられたりしています。レッスン前には想像できなかった姿、大きな変化です。
 
はじめのころは、暗かったあずきの表情が変わりました。生き生きしているのがわかります。ますます可愛い。
 
とくに、あずきの何かを変えたわけではないのです。Visseに通う多くの方が感じてらっしゃるように、変えるべきものは、犬ではなく飼い主の意識と行動です。折れかけた心を、糸山先生に救っていただきました。
 
私の手足には、あずきに噛まれた傷あとがいくつもあります。この先、また噛まれるかもしれません。今でも、たまに夫に怒ったり、場所に執着して怒ることがあります。

それでも、与えた以上の愛情を返してくれるあずきは私の大事な相棒です。あずきも同じように思ってくれているといいなあ。
 
あずき、今日もいっぱい歩こうね!
 

< 私達がどのような対応をすればいいかを学ぶことができたことが一番です。  |  一覧へ戻る  |  サクと共に生きていくことの喜びを、日々感じています。 >

このページのトップへ